賠償額を見込める

交通事故を起こしてしまった場合、経済的な面に関してのメリットは、弁護士に依頼することで賠償額の増額を見込めます。加害者側の保険会社は、示談の話し合いになった時は金額の提示を記載した書類を必ず送ってきます。

保険会社というのは、自社で決められた基準の任意保険会社に基づいて、慰謝料などを算出してきます。交通事故の賠償金の算出は、任意保険会社の基準自賠責保険の基、そして裁判基準があります。自賠責保険の基準とは、自賠責保険でまかないきれる最低限度の基準です。任意保険とは、自賠責保険ではまかないきれない金額をカバーする保険です。任意保険会社の基準は自賠責保険の基準より、高い金額になります。

しかし裁判で認められる裁判基準は、任意保険会社の定めている基準よりも高額になります。このような裁判基準のことを知らないで自賠責保険の基準や、任意保険会社の基準で示談交渉を行ってしまい納得してしまう被害者の人は残念ながら多くいるものです。交通事故を起こしてしまった場合、弁護士に依頼することで法的な知識もある法律のプロによって、裁判や裁判所以外の交渉では裁判基準によって出した損害賠償金の請求を行うことをして裁判基準をベースにして交渉などを行うことができます。