弁護士に相談依頼するタイミング

交通事故をおこした場合、加害者側から示談交渉にくるのは、保険会社の事故専門の交渉人です。保険会社から来る交通事故の示談交渉はプロです。被害者にとっては手ごわい相手です。話し合いを重ねていくうちに、被害者にとっては不利な条件で示談の合意をさせられてしまう事もあります。このような時に弁護士に依頼することで対等の立場か、それ以上の立場になれます。

追い詰められてしまった状態になってから弁護士に頼むではなく、示談交渉の時点でこちらもすぐに弁護士を探して早く信頼できる弁護士を雇うことです。 弁護士を雇うタイミングとして、示談が決裂してしまい調停や裁判にまで発展してしまった時や保険会社の交渉人が有利になってしまった場合でも、同意書にサインしないことで示談は成立した事になりません

保険会社の交渉人である以上、相手も卑劣な交渉をしてきません。被害者が同意してサインしない時は、調停や裁判に持ち込むのが一般的なパターンです。 弁護士を雇うタイミングははっきいって個人の自由ですが、中には弁護士を雇わず個人で戦う人もいます。被害者自身が決断したことであればそれでも良いのですが、事故問題を不本意な結果で終わらせる場合もあります。調停や裁判になる場合には弁護士を雇っておくべきです。