月別アーカイブ: 2016年12月

賠償額を見込める

交通事故を起こしてしまった場合、経済的な面に関してのメリットは、弁護士に依頼することで賠償額の増額を見込めます。加害者側の保険会社は、示談の話し合いになった時は金額の提示を記載した書類を必ず送ってきます。

保険会社というのは、自社で決められた基準の任意保険会社に基づいて、慰謝料などを算出してきます。交通事故の賠償金の算出は、任意保険会社の基準と自賠責保険の基、そして裁判基準があります。自賠責保険の基準とは、自賠責保険でまかないきれる最低限度の基準です。任意保険とは、自賠責保険ではまかないきれない金額をカバーする保険です。任意保険会社の基準は自賠責保険の基準より、高い金額になります。

しかし裁判で認められる裁判基準は、任意保険会社の定めている基準よりも高額になります。このような裁判基準のことを知らないで自賠責保険の基準や、任意保険会社の基準で示談交渉を行ってしまい納得してしまう被害者の人は残念ながら多くいるものです。交通事故を起こしてしまった場合、弁護士に依頼することで法的な知識もある法律のプロによって、裁判や裁判所以外の交渉では裁判基準によって出した損害賠償金の請求を行うことをして裁判基準をベースにして交渉などを行うことができます。

弁護士に相談依頼するタイミング

交通事故をおこした場合、加害者側から示談交渉にくるのは、保険会社の事故専門の交渉人です。保険会社から来る交通事故の示談交渉はプロです。被害者にとっては手ごわい相手です。話し合いを重ねていくうちに、被害者にとっては不利な条件で示談の合意をさせられてしまう事もあります。このような時に弁護士に依頼することで対等の立場か、それ以上の立場になれます。

追い詰められてしまった状態になってから弁護士に頼むではなく、示談交渉の時点でこちらもすぐに弁護士を探して早く信頼できる弁護士を雇うことです。 弁護士を雇うタイミングとして、示談が決裂してしまい調停や裁判にまで発展してしまった時や保険会社の交渉人が有利になってしまった場合でも、同意書にサインしないことで示談は成立した事になりません。

保険会社の交渉人である以上、相手も卑劣な交渉をしてきません。被害者が同意してサインしない時は、調停や裁判に持ち込むのが一般的なパターンです。 弁護士を雇うタイミングははっきいって個人の自由ですが、中には弁護士を雇わず個人で戦う人もいます。被害者自身が決断したことであればそれでも良いのですが、事故問題を不本意な結果で終わらせる場合もあります。調停や裁判になる場合には弁護士を雇っておくべきです。

交通事故の問題は弁護士へ相談

交通事故にあい被害者になってしまった場合、双方の話し合いで和解できればいいのですが、そうでない場合は弁護士に依頼するほうが良いと言われています。基本的に法的知識が十分にある人や、解決に必要な事を知っている人であれば弁護士を通すことをしなくても大丈夫です。

交通事故では、被害者と加害者との示談がこじれてしまう場合があります。そうなると裁判まで話がいくこともありますが、交通事故の損害賠償の場合は弁護士をつけないで本人訴訟という方法もあります。交通事故の損害賠償交渉は、加害者本人ではなく一般的に保険会社の交渉専門担当員です。保険会社の事故担当者は自社の支払いを少なくするのが仕事です。

キャリアとスキルを十分積んだプロで、被害者も法的知識を持っておかなければ太刀打ちできないと言われています。このようなことを考えると、示談交渉のプロに対抗するには、早い時期から弁護士を雇った方が問題も早く解決します。弁護士に早めに依頼することで、事故の流れの把握できますし警察が行う事故現場の実況見分にしても被害者にとって有利な記録を取ることができる可能性もあります。

交通事故を起こしてしまった場合には、事故直後から弁護士を雇うというのは大きなメリットもあるのです。しかし事故を起こした直後のでは、被害者も精神的な苦痛と外傷などですぐに弁護士を探すという考えには至らないことがあります。事故直後に弁護士に依頼する場合は、親族など身近な人間を立てることです。